スキンケアを通して実感すること

まったく我流ですが、スキンケアを通して実感することがありました。肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうがシワができにくく、もし出来ても回復しやすいということです。

若い頃は差を感じませんが、加齢とともにハッキリ出てくるので今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も話題の炭酸パック(既成品のほう)をしはじめたんです。

肌のモッチリ感が続くようになってから、古いベールが一枚落ちたような感じで肌がきれいになり、目尻や法令線が気にならなくなりました。アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。

赤ちゃんの肌を守るのも大事ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大きく、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が起こるのは、ごく自然なことです。

表皮の再生を促すホルモンが急に減って皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。

産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品で保湿に重点を置いたお手入れをしていきましょう。授乳期のママは子供のことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。

顔のシミをコンシーラーでごまかそうとして、逆に、シミが目につくようになったことはないでしょうか。実際、ファンデの選び方として、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミを隠す目的でコンシーラーを選ぶ場合、肌より白っぽい色だとシミがなおさら際立つことになります。

シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、肌よりわずかに暗い色をチョイスすることが極意といえます。つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは一にも二にもまず保湿です。

そして、程よく皮脂を残すというのも大事なことです。自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。保湿だけに限らず洗顔についても今一度見直してみてください。

私が知る限り、美肌になることは多くの方の話題に上りますが、美肌になる方法は、日進月歩で進化しており、新たな方法も生まれています。最近では、美肌のためのアイテムが色々と登場しており、例えば、シミ改善効果の高いサプリメントが流行になっています。

食事や休憩のついでにサプリメントを飲むだけでシミ改善効果を期待できるという手軽さが良いですね。

ヒアロディープパッチ 効果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です